2014年8月11日月曜日

作品梱包


ちょうど去年の今頃、中国に作品を送る為に家族総出で梱包作業をしました。



















《BODY07-1》高さ165cm×幅114cm×奥行き82cm
私の作品の中でも一番大きい作品。

これを、どうやって梱包して無事に中国まで送り届けるのか・・・








































スタイロフォームを作品の外周に合わせてカット






















段ボールに貼付けました。




















作品を合わせて乗せます。



















あらゆるもので固定。ぐるぐる巻き




















183cmの身長を遥かに超える高さの段ボール箱。




















完成!!























《BODY10-1》

































最初は自分たちで梱包するなんて無謀だと思っていた事を、みんなで知恵を出し合って梱包を完成させました。
まるで大きな作品を、みんなに協力してもらって作っているときのような充実感と達成感。。。

やり遂げた後の一枚。

本当に家族の存在には頭が上がりません。

この後、作品はなんとか無傷で中国に到着しました。

















2013年10月1日火曜日

湖北国際漆トリエンナーレ

『湖北国際トリエンナーレ』に参加するため、中国に行ってきました。
すごく大きな美術館!!
















オープニング






























「漆・うるわし饗宴展」でご一緒したニャッ トランさんと再会。






























馬 玉さんとお互いの作品の前で記念撮影。
お互い同じ年ぐらいの子供を持ち、作品は人体をモチーフにしているので、なんだかすごく親近感が湧きました。



展示風景




































地元テレビの取材も受けました。
















会場風景








壁面作品が圧倒的に多かった。



テクスチャーや技法を魅せれ作品が多かった印象。









夜のパーティー
















東京芸大の三田村先生と

















初めて海外の展覧会に参加させて頂くことができました。
赤で統一された看板の迫力、中国の方のエネルギッシュさを肌で感じました。